まずはショップを決める
ダイビングについてのことはココですべて解決!
うみんちゅダイビング
ダイバーになる為に必要なもの

ダイバーになるために必要な物ってなんなのでしょう?
機材?お金?・・・色々あるような気がして何が必要なのか検討がつきません。
そんな中一番必要なのではないかと思われるのがライセンスそうです。Cカードと言われている物ではないのでしょうか?

ですが、このようなライセンスを持たないで自分でタンクを持って、近くの海にダイビングをしに言っても別に問題はないのです。必ずこのライセンスを持っていないとダイビングをやってはいけないと言う法理はないのです。
ですので、そんなにライセンスを気にする事はないのかもしれません。
しかし、ライセンスを持っていないと色々と不便な事が沢山あります。

例えば、タンクに空気を入れて貰えなかったり、機材などを手配する事ができなかったりもします。
また、潜る場所によっては、漁港組合との調整も必要だったりもするのです。ですので、なるべくは持っていた方がいいライセンスではないかと思います。

ダイビングのショップなどでは、このCカードを取得する事ができる講習や学科を行っている所もあります。
ダイビングではどのような知識が必要なのか、どのような技術を最低限もっていないといけないのかを習ったりします。そして、合格をする事ができれば、Cカード取得となるのです。
ですので、本当に必要なの物は、Cカードと言うよりも、ダイビングにおいての知識と経験ではないかと思います。

ショップを決めましょう

受講のコース決定 コースの料金も確認を
講習を受ける為の条件 申込みをしよう 学科の講習をうけよう

プールでの講習を受ける

実際に海にでよう Cカード取得


ショップを決めましょう

ショップを決める為には、まずはどのようなショップが自分に合っているのかを考えましょう。
これをパターンとして分けて考えると考えやすいかもしれません。
そして、最後には必ず実際のショップに足を運ぶのがいいでしょう。

1、場所を考える

場所は結構大事な要素ではないかと思います。
どんなに良いショップがあったとしても場所が遠すぎたら、始めはがんばれるかもしれませんが、だんだんとめんどくさくなってきてしまいます。
また、講習が終わって、そこで仲良くなった人達とダイビングに行く場合の集合場所や、器材などを借りたり、購入したりする場合にも、講習を受けたショップを利用する場合が結構ありますので、やはり近場がいいかもしれません。


POINT ・家や職場の近くにあるのかい
・車を停める場所は近くにあるのかい

2、ショップの雰囲気で探します

インストラクターと自分の相性は大事な事です。相性が悪ければ楽しく講習を受ける事が出来ませんよね。
さらに、ショップの善し悪しを決めるものインストラクターの人たちです。
つまり、雰囲気の良いショップは良いインストラクターが沢山いると思えるのです。

どのようなインストラクターの人に講習を受けるかによって、これからのダイビング人生に大きくかかわってきます。
しっかりしている人だったり、明るい人、頼りになる人、等々・・・
色々なインストラクターの方がそれぞれのショップにはいると思います。
ですので、ショップに実際に足を運んでショップの雰囲気を確認する事から初めて見ましょう。
そして、実際にショップの店員と話をしてみるのも良い事です。
また、このショップを利用している客層にも注目をしてみましょう。
ダイビングショップでは新しい仲間と出会える場所でもあります。そんな中、自分とあまりにも離れすぎている人たちがよく利用しているショップなら新しい仲間ともうち解ける事が難しくなります。
ですので、ショップの雰囲気、店員のキャラクター、利用している客層をしっかりと吟味しておきましょう。



3、料金で考える

料金で決める事は別に悪い事ではないと思います。
やはり、少しでも安い所で講習を受けたいですよね。ですが、安いけど、悪い所では意味が無くなってしまいます。
ショップによって料金はまちまちですので、料金は自分で調べないといけないのですが、安いショップでは器材を購入しないといけない場合があったりもしますし、高い料金の所ではその分しっかりとサポートをしている所もあります。

ですので、ただ表示されている料金だけを気にするのではなく、安いのにはどのような理由があるのか、高いのにはどのような理由があるのかを確認する必要があります。
この料金を確認する時に、キチント対応をしてくれないような所は選ばないようにしたほうがいいでしょう。


POINT ・料金の内訳を理解していますか
・料金の高い・安いの理由はしっていますか
・入会費はありますか

4、知り合いに紹介してもらう

知り合いからショップを紹介してもうのも心強いですよね。1人であれこれ探すよりも、知り合いから詳しくそこのショップの事を聞く事ができます。
また、現在もそのショップに通っているのでしたら仲間を作る事がスムーズに出来ます。
知り合いにダイビングをしている人がいたら一度相談をしてみるのもいいでしょう。


POINT ・その知り合いは信用できるのか
・ちゃんと情報を聞き出せたか

5、ショップの設備で考える

ダイビングの講習で利用する設備をすべて供えているショップもありますし、ダイビングの器材を豊富に揃えているようなショップもあります。
ほかにも、水中での撮影に詳しい人が沢山いるショップなどもあります。

このように、ショップによてそれぞれの強みがあります。その強みはなんなのかを良く見てみるといいかと思います。
プールが備わっていればプール講習が沢山できるかもしれませんし、器材が豊富に揃っているのでしたら、自分のこの身の器材を簡単に探す事ができるかもしれません。
このように、あったら自分にとってプラスになるような強みをもっているショップを探してみるのもいいでしょう。

さらには、最近のショップではカフェがあったり、レストランがあったりと大型なショップが増えてきています。
このような、ダイビングの後に仲間達と楽しく過ごせるスペースがあるショップもいいですよね。



6、指導団体で考える

Cカードの指導団体も色々あります。
その指導団体の知名度や指導の方針もそれぞれで違います。ですので、それぞれの指導団体を調べて自分に一番良いと思う指導団体のカードを発行しているようなショップに通う事がいいでしょう。
指導団体によっては、海外では使えない場合もありますので、海外でもダイビングを楽しむ予定と考えている人はそのような事を考慮しながら指導団体をさがしてみるといいかと思います。

それから、自分が候補に上げているショップが希望する指導団体と関係があるのかどうかを調べてみるといいでしょう。
また、1つのショップでいくつかの指導団体のカードに対応している所もありますので、そのような場所が近くにあるといいですよね。


POINT ・指導団体の概要を調べてみる
・ショップがどの指導団体のカードを発行しているかしらべたか

pickup

最終更新日:2017/1/27

戻る

メール Q&A
MOMOTAROダイビングクラブ SAIPAN Rubiena Divers SEASHOREINC.サイパン なんくるダイビング沖縄 
沖縄ダイビング Copyright c うみんちゅダイビング all rights reserved.
Cカードとは ほーむ 海の危険生物 ショップを決める 申し込み 学科講習 プール講習 ショップを決める 受講コースを決める 料金確認 プール講習 海洋講習 Cカード発行 料金確認 受講を受ける条件 Cカード発行 受講を受ける条件