Cカードとは
ダイビングについてのことはココですべて解決!
うみんちゅダイビング


1,Cカードとは?


 
 よく、「ダイビングライセンス」と言われたりもしているのですが、「ライセンス」と言うと、なんだか免許証と言うような意味になってしまいそうです。
Cカードと言うのは、免許証とは違います。Cカードを日本語で言ってみると、免許証ではなく、認定証と言うような感じになるのです。

外国などでもCカードと呼ばれているので、一般的にCカードと言われているのです。

 

 

2,Cカードについて

Cカードは、ダイビングの知識や技術を特定の時期で特定の場所で覚えたと言う事を証明してくれるものです。
ですので、Cカードを取ったからと言っても、一生そのままで使える物ではないのです。
長い間ダイビングをしていないと、知識や、技術と言うのは衰えてしまいます。
これは、人間ですので誰でも同じ事です。ですので、もし、Cカードを取得してから長い間ダイビングをしない期間が空いたら、リフレッシュコースと言うものを受講する事が強く勧められているのです。

先ほど、特定の場所と書きましたが、Cカードを取得したからと言っても、どこでもダイビングをする事ができるわけではありません。
特定の場所や、特定の条件の下でダイビングが出来ると言うレベルなのです。
以下にその条件などを記載しておきます。

>>

  • 時間は昼間で、波が穏やかな場所で、バディと一緒にダイビングをする
  • 水の深さは、18Mまでになり、さらには減圧停止をする必要がない場所
  • 上に障害物がなくて、すぐに水面の上に出る事が出来る場所

このような条件が付いてきますが、追加でのトレーニングを受ければさらに広い範囲でダイビングを行えます。
また、講習を受けて、Cカードを取得した場所とは違う環境でのダイビングをする場合には、その地域でダイビングをしているプロの人からのアドバイスを受けなければいけません。

3,指導基準と言うもの

ダイバーになる為には、一定の技術や、知識を必要とします。では、この一定と言うのはどんなものなのでしょうか?
それを記してあるのが、指導基準と呼ばれる物です。

この指導基準には、最低でもどのような事が出来ないといけないとか、どのような知識を持っていないといけないと言うのが決められている物なのです。
この指導基準があるから、Cカードを持っていると、このような技術や知識はもっていると判断する事ができるのです。

さらには、基準がしっかりとしているので、Cカードを持っているダイバーを扱う場合に、どんなトレーニングを受けてきて、どのような講習を受けてきているのかを知る事が出来ますので、この人の扱い方を判断する事ができるのです。

 

4,広い範囲をカバーできる指導基準を目指す

指導基準が決まっていたとしても、その基準を認知されている範囲が狭ければ、その分狭い範囲でしか効果を発揮する事ができないのです。
ですので、Cカードを取得しようと考えた時に、どれだけの範囲で認知をされている指導基準なのかをしらなければいけないのです。

また、Cカードを発行してくれる機関も違えば、それだけでも認知される範囲が違ってきます。
ですので、なるべく自分が広い範囲でのダイビングを出来るようにする事が大切なのです。

5,「WRSTC」で広範囲の指導基準

Cカードの認知範囲に関係してくるのが指導基準と言う事を説明しました。
そうなると、世界で一番認知されている指導基準を使用している所で取得すれば一番いいのですが、そんな所はどこなのでしょうか?

それは、「WRSTC最低指導基準」と呼ばれる物なのです。
ですので、WRSTC最低指導基準に基づいているCカードを発行している所でカードを取得する事ができれば、世界の色々な所でダイビングをする事が出来るようになるのです。

pickup

渋谷の脱毛サロン人気ランキング!

Last update:2017/10/16


戻る

メール Q&A

ほーむ Cカードとは
Cカード取得の流れ ショップを決める 受講コースを決める コース料金確認 受講を受ける条件確認 
申込み 学科講習 プール講習 海洋講習 Cカード発行
海の危険生物1 海の危険生物2
 Q&A めーる

MOMOTAROダイビングクラブ SAIPAN Rubiena Divers SEASHOREINC.サイパン なんくるダイビング沖縄 
沖縄ダイビング Copyright c うみんちゅダイビング all rights reserved.
Cカードとは ほーむ 海の危険生物 ショップを決める 申し込み 学科講習 プール講習 ショップを決める 受講コースを決める 料金確認 プール講習 海洋講習 Cカード発行 料金確認 受講を受ける条件 Cカード発行 受講を受ける条件